お知らせ

2017.08ご案内

「国際インフラ人材育成プログラム(RSDC)」での1日インターンシップ実施ついて

 

 当社は8月3日、京都大学が主体となり実施している「気候変動下でのレジリエントな社会発展を担う国際インフラ人材プログラム(RSDC:International Program on Resilient Society Development under Changing Climate)」において、1日インターンシップを実施しました。

 インターンシップでは、39名の学生にコンサルタントの仕事や、気候変動下での洪水対策について事例を交えて紹介したり、グループワークなどを行いました。
 インターンシップを実施し、参加した学生からはコンサルタントの業務の進め方や洪水対策について新たな気付きなどがあり、好評を得ています。

 当プログラムでは気候変動による社会発展への影響が特に懸念されるアセアン諸国(ベトナム、ミャンマー、カンボジア、ラオス)を対象に、気候変動に適応するレジリエントな社会発展を維持するため、学部から修士・博士後期課程までを対象とする双方向国際教育プログラムを実施されています。





【参加学生】
・アジア工科大学
・チュラロンコン大学
・カセサート大学
・ベトナム国家大学ハノイ校
・ヤンゴン工科大学
・マンダレー工科大学
・ブラビジャヤ大学
・台湾成功大学
・京都大学
・関西大学