お知らせ

2018.05ご案内

「EE東北’18」に出展(6月6日~7日)

 

 当社は6月6日、7日夢メッセみやぎで行われる、「EE東北’18」」に出展します。
 ご来場の際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。

■日時 6月6日(水) 10:00~16:30
    6月7日(木)  9:30~16:00

■場所 夢メッセみやぎ(仙台市宮城野区)

■ブース番号 設計・施工 A-38番

■出展技術
再生可能エネルギーを活用したまちづくり
 現在、道路の維持管理が注目される中、路面(舗装)の健全性評価指評としてIRIが採用されています。
 ACTUSは、ワイヤレス加速度センサー・遠隔データ通信を活用した未来志向の路面モニタリング技術でありIRIを効率的に測定する装置です。
 その特徴は、コンパクトで高精度、どんな車両にも取付可能、路面状態をリアルタイムに計測、省電力で長時間の連続使用が可能、計測データを遠隔地に送信することが可能となります。

再生可能エネルギーによるまちづくりの取組み
 '再生可能エネルギーによる地方創生のモデルとして、地元住民が建設した水力発電所とバイナリ―発電所を活用し、体験学習施設とえびの養殖事業に取り組み観光施設としてまちづくりを行っています。

NEWJECは総合建設コンサルタントの立場から、以下の整備に取り組んでいます。
・水力発電所(展望デッキ、水量を体験できる学習施設等)
・バイナリー発電所(熱水をカスケード利用した養殖施設と融雪設備等)

CIM活用の取組み
 'iーConstructionの目玉、ICT土工が平成29年度より全国で積極的に推進され、つづいて本年度は調査・設計から3Dモデルを広く活用し、事業の効率化を推進しようとする動きが活発化しています。ツール面での課題はあるもののCIMはフロントローディングや関係者協議に有効とされ、当社も生産性向上の一貫として業務にCIMを導入する取組みを進めています。