品質・環境・情報セキュリティ方針

Quality・Environment・Information Security

品質方針・Quality

ニュージェックは、「優れた技術で社会に貢献する」を理念とし、お客様と社会から信頼され、「技術」と「経営」と「倫理」に優れた総合建設コンサルタントとして、心豊かな社会の実現を目指す。
さらに、「品質第一」を経営の取り組み姿勢の1つとして揚げ、全社的に品質マネジメントシステムを展開し、一層の品質向上を図る。
これを実現するため、品質に関する以下の行動指針を定める。

<行動指針>

  • (1) 年度品質目標を定め、各部門において品質目標を展開し実行する。
  • (2) 品質目標の達成度、品質マネジメントシステム(以下「QMS」という)の活動結果、市場や社会の情勢を分析し、品質方針、品質目標を適宜見直す。
  • (3) 全社的にQMSに取り組み、法令・規制の要求事項及び発注者の要求事項を確実に満たし、お客様の満足度を向上する。
  • (4) 品質の向上のための業務プロセスの改善を継続的に行う。

環境方針・Environment

ニュージェックは、『自然と人を技術で結ぶ』を環境に取り組む基本姿勢として掲げ、社員の一人ひとりが『環境』や『資源』の有限性を重視し、事業活動を通じて、環境への負荷の低減および省資源・省エネルギーの推進など地球環境の保全に努め、持続性のある循環型社会の構築に貢献する。
これを実現するため、環境に関する以下の行動指針を定める。

<行動指針>

  • (1) 環境管理活動の継続的な推進のために、環境マネジメントシステムを運用する。
  • (2) 環境方針及び環境に関する法規制並びに協定書等を順守する。環境目標を定め、これを実行し、定期的に点検・見直しを行い、継続的改善を図る。
  • (3) 総合建設コンサルタントの核となる技術業務を行うにあたって、下記関連技術への取り組みに努め、環境保全及び汚染の予防に努める。
    ○ 資源・エネルギーの効率的利用
    ○ リサイクル及び廃棄物削減
    ○ 自然環境の保全
    ○ 景観との調和
    ○ 快適な生活環境の保全
  • (4) 日常社内業務における省資源、省エネルギー及びリサイクルの推進に努める。
  • 情報セキュリティ基本方針・Information Security

    ニュージェックは、「優れた技術で社会に貢献する」を理念とし、お客様と社会から信頼され、「技術」と「経営」と「倫理」に優れた総合建設コンサルタントとして、心豊かな社会の実現を目指している。
    昨今では、情報・通信技術が発達する一方、情報セキュリティ事件・事故が多発し、情報資産の安全性確保、リスク管理の重要性はさらに増してきており、お客様の信頼を高める継続的な改善努力が必要とされる。
    ニュージェックは、情報セキュリティマネジメントシステム(以下「ISMS」という)を確立し維持することで、情報資産の安全性を確保し、お客様と社会から信頼される成果、サービスを提供する。
    これを実現するため、情報セキュリティに関する以下の行動指針を定める。

    <行動指針>

  • (1) 情報資産に対する資産価値、脅威と脆弱性を考慮して、定期的にリスクアセスメントを実施し、適切な物理的・技術的管理策を実施する。
  • (2) 情報資産の取扱いについて、関連法令、規制及び契約上の要求事項を順守する。
  • (3) 情報セキュリティの重要性を認識し、関係者全員への教育・訓練を継続的に行う。
  • (4) 情報セキュリティ基本方針及びISMSを適宜見直し、継続的に改善する。