女性活躍推進に関する一般事業主行動計画

次世代育成支援対策法に基づき、次のとおり行動計画書を策定し、従業員が仕事と子育ての両立を図るために、働きやすい環境の整備を進め、優秀な人材の確保と定着に寄与する。

1.計画期間     平成28年4月1日~平成33年3月31日(5年間)

2.当社の課題
(1) 近年女性社員の採用は増加しているものの全社員に占める女性社員の割合が低い。
(2) 技術部門において管理技術者に求められる資格取得者が少なく女性技術社員が第一線で活躍できているとは言いきれない。

3.目標及び取組内容・実施時期
女性社員の継続的な採用とキャリア意識の啓蒙を図ることにより、女性社員各自がキャリアプランニングを確立させるとともに必要な資格取得教育を強化し、職場のリーダーとなるべく能力の向上を図る。
(1) ◆ 目 標
現在の女性技術社員の定期的採用を継続し、女性社員の年齢構成のアンバランスを是正するとともに全技術社員に占める女性技術社員の比率を10%以上とする。
◆ 取組内容
〇女性技術社員の継続的な採用 ……毎年継続実施
新卒採用において継続的に女性社員を採用し、女性社員数の増加を図る。
〇職場環境・制度の整備
・管理職層に対するマネジメント教育において、女性社員の仕事と家庭の両立の支援に関する教育を行い、全社大における女性の活躍推進の意識の浸透を図る。 ……毎年継続実施
・女性の働きやすい職場環境ならびに各種制度の整備を段階的に実施する。 ……毎年、必要に応じて制度の整備を実施
(2) ◆ 目 標
女性技術社員の有資格者(技術士・一級建築士)を倍増する。
◆ 取組内容
〇資格取得教育の強化
職場の中心と成り得る能力の養成を強化するため、各人別に対応した教育を実施する。……毎年継続実施
〇リーダー教育による意識啓発
各職場の所属長とのヒアリングにおいて各人の目指すべきポジションについて、明確な意識付けを行い、キャリア意識の向上を促すとともにキャリアデザインを支援する。