11
Tatsuya Kishi
貴志 竜也

貴志 竜也

  • 国内営業本部
    営業統括部
    近畿支店 大阪事務所
  • 2018年入社
    総合社会学科
    環境系専攻

お客様と技術の橋渡しとなり
社会課題の解決に
挑む。

文系出身で、大学ではまちづくりに関する勉強をしていたことから、その知識を活かせる業界を志望。また人と話をすることが好きだったので営業職に絞って就活をスタート。たまたま大学主催の企業説明会でニュージェックに出会う。関西No.1の建設コンサルタントであり、黒部ダムを建設した技術力に魅力を感じ、入社へ。

EPISODE 1 現在までのキャリア

営業として受注を促進し、
顧客満足を上げていく。

希望どおり、入社時から営業職として仕事をしてきました。営業は全国に100名以上の仲間がいて、エリア毎に担当が決まっています。私は1年目から3年目までが兵庫事務所へ。4年目から大阪事務所の配属となり、大阪府の東部周辺を担当しています。お客様は、国や自治体、高速道路などを運営する企業などがメインとなります。
営業の仕事は大きく2つ。ひとつは、新規の契約をいただく(業務受注)ための活動。もうひとつは、受注後のお客様の満足度を向上させるためのフォローです。ちなみに売上の数字目標は、事務所全体の目安としてはありますが、個人目標はありません。
受注までの流れを少し細かく説明していくと、まず大事なのは情報収集。お客様を訪問して動向や情報をキャッチしたり、新聞記事やWEBサイトに公表される発注案件情報をチェックします。その中から、これという案件を見極め、入札に参加すべきかどうかを技術グループと検討。営業は細かな情報収集とともに、積算(設計費用の算出)を行い、社内体制を整えてもらえるように技術グループと調整。入札に向けて、さまざまな申請書類を作成していくことも営業の役割です。無事受注になれば、お客様との打合せや進捗管理など納品までフォローします。

貴志 竜也

EPISODE 2 仕事の面白さや難しさ

くじ引きで引き当てた、
初受注。

営業はそのエリアで発生する案件すべてを担当しますから、さまざまな技術領域に関わることになります。幅も広いし、奥も深い。日々の勉強は欠かせません。そもそも私は文系出身で土木や建築のことがわかりませんでしたから、3年間、先輩や上司についてOJTでじっくりと経験を積みながら少しずつ知識を身につけていきました。
それでも入社当初は専門用語が飛び交う中で、戸惑うことも多かったです。また、案件内容と技術グループのマッチングが的外れで、「これはうちのグループじゃできないよ」と教えられるなど、いろいろ失敗もありました。でも、ニュージェックは営業と技術の距離感が近く、聞けばしっかりと教えてくれますし、前向きな失敗を怒られることはありません。営業は文系出身が多く、上司も同じように苦労してきているので親身になって教えてくれますよ。
営業の喜びといえば、受注もそのひとつ。私の初受注は1年目のとき。兵庫県のある地区で橋梁の補修設計があり、上司に教えてもらいながら自分で積算も行い、入札に参加しました。その結果、なんと3社が同じ金額で選ばれることに。結局、くじ引きで決めることになりました。上司から「せっかくだから自分で引いてこいよ」と。えいっ!とくじを引いたところ、見事に当選。すごくうれしかったのですが、他の2社さんの手前、「やったー!」と叫ぶわけにも行かず(笑)。小さくガッツボーズで済ませました。

貴志 竜也

EPISODE 3 社会への貢献やビジョン

お客様が困ったとき、
最初に声がかかる営業に。

初受注から納品を経て、しばらくしてから現場に行くと、橋がきれいに改修されていました。自分の手がけた仕事が、まちの役に立っている。そんな喜びがぐっと心の中に湧き上がってきました。私たち営業は自分で何かを設計するわけではないのですが、お客様の抱える課題に、ニュージェックの技術で解決策を出す。そのための橋渡しを、情報収集や共有などを通じて行い、結果として社会基盤の整備に大きく貢献する。それが、営業という仕事の醍醐味だと思うのです。
とはいえまだまだ若手なので、いろいろな領域で経験を積み重ねていきたい。尊敬する先輩を見ていると、やっぱり技術グループからの信頼が厚いですね。「貴志の言うことだから、間違いないだろう」と言われるぐらいに、知識を身につけて、情報収集の精度を上げたい。そして、お客様が困ったら一番に相談が来るような、いい関係性を育てていきたいなと思います。入札になる前の段階から、お客様に課題に対して技術グループを巻き込みながら技術提案を行い、その課題解決に予算をつけもらう。そんな先手をとった受注が実現できれば最高ですね。

貴志 竜也

私の大事にする
行動指針

変化を楽しむ

建設コンサルタント業界は、コンサルタントの役割が広がるなど、目まぐるしく変化しています。現状に甘んじることなく、日々挑戦し変化を楽しむことが、自分自身の成長につながると考えています。

PRIVATE

ゴルフ
趣味は楽しくお酒を飲むことです。あと、最近ゴルフを始めました。
Pagetop